FC2ブログ

静岡県湖西市在住の赤猫 杏の日々をつらつらと書いていこうと思います。

8月7日(晴れ)弓木流Vol.1

続きを読む
スポンサーサイト



8月7日ザバダック〜かたみわけ〜

16時よりzabadak吉良知彦さんのお別れの会~かたみわけ~に向かいました。
ライブのチケットは取れなかったけれど…やはり行きたかったのです。当初は16時からでしたがライブは16時でロビーでの献音は16時半。
私は「弓木流」が16時終了。それから池袋に移動。16時半に到着できるというまるで神様が私のタイムスケジュールを決めているかのような感じでした。(第2部のチケットも取れてなくて良かった)
私とzabadakとの出会いはもう20年以上前の話
当時お付き合いしていた方のお友達がバンドをやっていてそれがzabadakの曲をコピーしていて…それが初めてのzabadak。
その関係でzabadakのライブにもその人たちと見に行ってた。
最後に見たライブは~のれんわけ~
その後上野洋子さんが脱退とか私事ではその方と別れたりお友達もご結婚してバンドを辞めてしまい…疎遠になってしまった。
それと同時にzabadakも聴かなくなっていたのだが…遊佐未森さんのファンをしているとどこからともなくzabadakの名前は耳に入ってくる日々でした。どこか自分の中でzabadakが引っかかっていた。そんな自分に素直になれずわざと耳を塞いでいたのかもしれない。
そんな感じで月日は流れSNSが世にはびこってくるともっとzabadakの名前を聞くようになってきて、未森さんとzabadakは繋がりが多いことに気づかせてもらった。
今まで1番zabadakコンサートに行っている!と自負している人と出会ったからかも知れないけれど、素直にzabadakを聴き直していこうか?…と思った矢先
7月3日に吉良知彦さん永眠の知らせ。
それは正直にショック。受け入れることができなかった。
なんだろうか?この罪悪感…
本当にどうして良いのか解らない…
今まで「上野洋子のいた時代のzabadakだけでなく今のzabadakを聴いてみろ!」という言葉が今になって胸に突き刺さる感じ。
自分が取ってきた行動が申し訳ない気持ちがいっぱいだった。
だから今回の~かたみわけ~が決定した時もこれには参加なんてできる立場ではないのでは?と思ってしまった。
でも…その日、せっかく東京にいるのに…時間大丈夫なのに…それでもし行かなかったらずっと心残りとなる。と思った。
誰に会うわけでもなくせめて献音だけでも行ってこれればそれだけで自分の中で納得できるのでは?
サンシャイン劇場に着くともう沢山の人が献音に訪れていた。
吉良さんの写真を見てまず声にだしてしまったのは「吉良さん…老けましたね」そりゃそうだね…20年以上見て来なかったのだから…
「長い間が空いてしまって本当に申し訳ありませんでした」
その言葉を聞いていた人がいたら、コイツはなんだ?と思われたことでしょう。
献音の音はとても優しく静かにココロに染みた。
知らない方々4人で鳴らしていたがなにか音楽を奏でていた気分になった。
なんだか目頭が熱くなって…
本当に皆さんに愛されていた吉良さん。
スタッフさんが泣きながら仕事をなされている
ロビーには今行っているライブが放送されている。
吉良さんのギターや趣味の昆虫、ジャケットのオリジナル画楽譜や絵画が陳列されている。
その中に自分が居れることに感謝した。
その後、偶然(?)居合せたミモファンとお話ししながらライブを終わるのを待つ。
ロビーから流れてる音楽を聴いているだけでも泣けてくる。
なんで…なんで吉良さん…早すぎる
ライブ終了後、お友達は皆さん目が赤くなっている。それだけで中の雰囲気が伝わってきた。
お疲れ様でした。
終了後皆さんとご食事させて頂いたのだが皆さんの笑顔が忘れなれない。
その人たちはこれから吉良さんの意思と想いを受け継いて伝えていくんだなぁ…と思っていた。
zabadakはまだ終らない!と思えた瞬間だった。

吉良知彦さんの御冥福をお祈りします。
これからは宇宙から地球に音楽を降り注いて下さい。

2月14日(雨のち晴)井の頭動物園コンサート

もう1週間が経ってしまいましたが(^^;)

2月14日に井の頭動物園で行われた遊佐未森、動物園コンサートに行ってきました。

今年、初めてのコンサートです。

昨年は雪が残っていたくらい寒い日だったように思えましたが、今年はとても春の陽気で暖かい日でした。

お昼からのコンサートはいつものコンサートとは違い子供達のはしゃぐ声が響き渡る楽しいコンサートでした。

未森さんと子供達の掛け合いもこのコンサートならではです。

とても楽しいコンサートでした。

今年もコンサートはやめられないようです(笑)

遊佐未森さん三昧な10月

もう11月になってしまいましたが、

10月は遊佐未森さんのコンサート月間でした。

10月10日

毎年恒例となった仙台市天文台のコンサート

毎年見ているのですが、ギターの近藤研二さんとの2人で行うコンサート。天文台のドームに星々やいろんな映像を写し出してそれに音楽を重ね合わせるようなコンサートです。

年々演出も凝ったものを考え出されていて、でもほっとさせてくれるコンサートでした。

いつもこのコンサートの時には私は泣いちゃうんだよね~(笑)

今年も素晴らしい幻想的なお花が飾られておりました。

綺麗です。

仙台市天文台は小だかい丘にあるので晴れて居れば綺麗な天然の星も綺麗に見えるのですけれどあいにくこの日は曇っていて星は見えませんでした(´・_・`)

このコンサートは天文台の職員の方々や仙台地元の方々で作り上げておられるコンサートと仰っていました。

このようなコンサートをこれからも続けてほしいし、ずっと見ていきたいコンサートです。

日程は土曜、日曜の二日間だったのですが、私は仕事の関係で土曜のみの参加でした。

10月17日横浜モーションブルーでのコンサート

1週間後の横浜。この日はギター、ピアノ、パーカッションを引き連れての4人バンド体制のコンサートでした。

やはりこれだけの楽器が居ると音も重厚でゴウジャスになります。

港の近くということで船の汽笛なんかも聞えてきたりしてオシャレよね♪

ここでは食事やお酒なども飲めるので皆さんと呑んだり食べたりいろんなおしゃべりをして親交を深めていました(笑)

そういう事も一つの楽しみなのです。

未森さんはグリーンのワンピースにショールをはおって頭にはカチューシャというエレガントなお姿(^-^)

後で皆さんと話していたのですが、2回目は耳に付けていたイヤリングがとてもキラキラして素敵だったのですが…ん?1回目って付けていた???

そういう事を話せるのもお友達が周りに居るからですね!

10月29日には石川県金沢市の21世紀美術館でのコンサート。

これは以前、夏に行われるはずだったコンサートの振替でした。

流石に平日の地方ということでお知り合いは少なかったのですが(それでもいるのさ(笑)

この日は次の日が仕事ということでどうしてもその日のうちに帰らなくてはならない状態だったので車で走っていきました。

昔はそれなりにやっていたのですが、やはりココ最近はそのような無理はしなくなりました(^^;)

でも今回は頑張った!

車ということで今回はお花を地元のお花屋さんにお願いしてそれを持っていきました♪

地元価格はやはり安いの(笑)

コンサートは平日だから人の入はどうなんだろ?と思っていましたがたくさんの人でなんだか私も一安心(笑)

今回はギターの西海さんとの2人でのコンサート。

じっくり聴かせるコンサートだったように感じました。

お2人のトークの掛け合いもとても楽しくて(^-^)

最後には全て終了か?と思いきや2回目のアンコール。

その場で2人話し合って「青空」を歌ってくださいました♪

そういう事はやはり見に行った者にしてはとても嬉しく思えます。

会場のみんなでハモるのもやはり楽しいです。

金沢市の木々は紅葉していて綺麗にライトアップされていたのを見ながら帰ってきました。

と、10月は3回も遊佐未森さんのコンサートを楽しんだ訳ですが、そのようにツアーでもなく全て違うプログラムのコンサートを短期間に見たのは初めてかも知れません。

それぞれ、タイプの違う色を持ったコンサート。魅せる、楽しむ。聴かせる。と体感したでもやはり中心は遊佐未森さんなのです。

秋は芸術の秋…とかいいますけれど未森ワールドという芸術を体感させてもらった10月でした。

まだまだ私も動けると(^^;)認識もできた10月でもありました(笑)

やっぱり私は遊佐未森さんが好きなのです♪

5月9日(晴れ)cafe mimo名古屋

遊佐未森さんのライブにはいつも天使が上のほうで見ている…
そんな気がしながら見ている時が多いです。
5月9日のcafe mimo名古屋もそうでした。
千種文化小劇場(ちくさ座)は私が好きな会場です。
そこで今年は千秋楽を迎えるcafe mimo15。
15回目にしてとても新しい風を感じるコンサートに仕上がっておりました。
今回はサボートにtico moonさんのお二人とバンバスの楠さんのユニットで奏でる音楽と未森さんと歌声とピアノ。
Tico moonさんでも新鮮な気分なのに影山さんはエレキギターを弾いたりもする( ゜o゜)
始めはcafe mimoのようなアコースティックなライブにエレキのような電子音は???とかも思ったのだけど楽しみな事をするというコンセプトの中では納得できました。
未森さんがファンの集いで「…その中になん%でも楽しいと思えればやってみよう…」とおっしゃってたのを思い出しました。
名古屋ではまだどこでも演奏してなかった新曲を披露!
作曲tico moon作詞遊佐未森という曲でまだ音合わせをしていない…というある意味素晴らしい挑戦(笑)
tico moonサウンドに未森さんの歌声が乗ると相乗効果で何倍にも美しさをまとい素晴らしい曲になっていました。

ゲストは「くじら」の杉林さん。
杉林さんの楽曲提供の曲は私のお気に入りばかりでとても良かったです☆

ステージ上にゆらゆら揺らめく電飾も可愛く良かったです☆

しかしU2の曲をハープを弾いたのはゆかさんがはじめてだったのではないか?(笑)

今回は、千秋楽ということで、みんなでお花を贈ったのですが、それも予想以上に素晴らしく見ていて嬉しくなってしまいました。
ご協力ありがとうございました
プロフィール

赤猫 杏

Author:赤猫 杏
1968年8月28日生まれ
RH+ B型  男
静岡県在住

2009年1月からブログを始めました。
遊佐未森
つじあやの
KOKIA
山田晋吾とマキノリョータ
のファンです
トイガン
プラモデル
ガンダム
スーパードルフィー
等、趣味の事を書いていければ・・・と思っています。
最近ではスピリチュアルな事が気になっています(^-^)
お気軽にコメントくださいね♪

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
黒ねこ時計 くろック D02
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言